製品紹介

DX支援Sol AI外観検査システム

AI外観検査システム

 画像認識AIを活用し、成型品のキズ・焼け・ヒケ・変色から、液体に混入した不純物の検出まで様々な製品・部品の外観検査を実現。今までのFAソリューションでは対応が難しかった複雑な外観検査の自動化も、AI外観検査システムなら解決できます。

概要

  • 製品・部品の自動外観検査
 製品・部品のキズ、焼け、ヒケ等の表面状態を良否判定する自動検査システム。製品・部品外観検査AIのノウハウをベースに開発することで、効率よくAIの精度を高めてスピーディーに自動外観検査を実現できます。人による目視判断と比べてより精緻な検出も可能で、不良品の見逃しを限りなく少なくすることができます。

  • 液体の自動不純物検出
 液体中の不純物を検出する自動化システム。液体検査AIのノウハウをベースに開発することで、効率よくAIの精度を高めてスピーディーに液体不純物自動検出を実現できます。

AI外観検査システム導入を下記のステップで支援

    ステップ1 ヒアリング
     お客様の要望を確認し、AIを適用できるのか、どの程度まで実現可能なのかを話し合います。

    ステップ2 AI検証
     精度/速度検証用のAIを作成し、お客様の要望を満たすAIを作成できるのかの検討を行います。

    ステップ3 業務適用
     実際の業務、現場にAIを組み込むためのシステム/アプリを開発します。

    ステップ4 保守運用
     システム/アプリの保守、AIの継続チューニングを行います。

事例1(某 電子部品製造業)

成型部品AI外観検査システム
[導入目的]
 成型部品外観検査業務における次の課題の解決
 ・人件費のコストダウン/省人化
 ・品質向上、検査品質の平準化
[AI利用用途]
 成型品の不良(ゴミ、ショートショット等)を撮影した画像から判断。

事例2(某 薬品製造業)

液状製品AI外観検査システム(液体の不純物検出)
[導入目的]
 液状製品の不純物混入検出業務における次の課題を対応。
 ・人件費のコストダウン/省人化
 ・不純物混入確認手法の標準化
[AI利用用途]
 ボトルに詰められた液状製品の不良(沈殿物、浮遊物等)を撮影した画像から判断。