教育研修

トレーナー・トレーニー制度

トレーナー・トレーニー制度

トレーナー・トレーニー制度は、マンツーマンの指導法です。社員ひとり(トレーニー)に必ずトレーナーがつき、面談によってキャリアアッププランに沿った1年間のスキルアップ計画を作成します。さらに年5回の面談と確認で、スキルアップの状況を把握&修正し、無理のないスキルアップを実現します。

トレーナー・トレーニー制度 説明イメージ

効果

  • トレーナーとトレーニーが明確化されているので、より的確なスキルアッププランが立てられる。
  • 年に5回の面談で、自分が今どれぐらいまでできるのか、実感でき、モチベーションもあがった。
  • やる気と努力次第で大きなスキルアップが実現できる。
  • トレーナーとトレーニー間でコミュニケーションを図り、円滑な意識付け、運用が可能になる。
  • プロジェクトの枠を越えてのOJTが可能になった。
  • 社内コミュニケーションが広がった。