コラム・特集

技術にかける想いとプロとしての誇りが生んだHTKエンジニアリングの ”強み” 長年の実績とノウハウに裏打ちされた制御系開発の確かな提案力 システム開発部 部長 神 貴浩

──どのような経緯で制御系開発の分野に取り組むようになったのですか?

通信分野でのソフトウェアの重要性が高まる中、当社は創業時からシステム設計やソフトウェア開発を主たる事業として取り組んできました。 制御系のシステム開発は一番最初に請け負った仕事で、いわば当社の原点でもあります。

──この分野を強みと考える理由はなんでしょうか?

機器の制御を伴うシステムやソフトウェアの開発は、ハードとソフトの両方の知識や特性の理解が必要なため、経験の積み重ねが非常に重要です。当社には30年ちかく培ってきたノウハウがありますので、たとえば、どの機器に対してどのような制御をかけると要件の実現性が高まるか、お客様が抱える問題点の最適な解決策は何かといったことを、的確・迅速にご提案することができます。このような長年の経験に基づく豊富なノウハウを持つ会社は少ないので、その点が当社の強みです。

──これまでに、どのような実績があるのですか?

主な実績として、地理情報システムや映像配信システム、CCTVシステム、 VODシステム、交通管制システムなどの開発を行ってきました。 大規模なシステムの設計/構築から一部の機器制御の改修まで、多種多様な案件の実績があり、こうした経験がノウハウとして蓄積されています。

──部分的な開発だけでなく全体の設計や構築なども行っているのですか?

当社は設計から運用まで幅広くサービスをご提供していますので、開発以外のノウハウも豊富にあります。 それらを活かして、効率的かつ効果的な運用を考慮したシステム構成のご提案や、システムの構築、移行、導入といったお手伝いもさせて頂いております。

──培ってきた経験やノウハウは若手社員にも継承されているのですか?

当社は技術者の育成に重きを置いていますので、もちろん若手社員のスキルやノウハウの獲得にも力を入れています。 特殊な分野なので最初から高い知識や技術がある人は少ないですが、若い技術者は吸収力が高いので、先輩社員の指導のもと、現場経験を積みながらスムーズな継承が実現できています。 彼らもまた多くの経験とノウハウを得ていくでしょうから、この分野は今後もずっと当社の強みでありつづけると思います。

このソリューションの詳細はこちら